カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品として誕生して、バイアグラより安価でED治療ができるということで多くの人に利用されています。ED治療薬には副作用がつきものという印象がありますが、きちんと調べることで避けることが可能な副作用もあります。せっかくカマグラを使うならしっかり調べて効果的に服用しませんか?

色々な錠剤
  • ホーム
  • ED治療薬の併用禁忌薬について学ぼう

ED治療薬の併用禁忌薬について学ぼう

カプセルと瓶

どんな薬でも、医薬品として使用する以上は併用禁忌についてきちんと理解しておく必要があります。
ED治療薬においても同様です。

ED治療薬では、ニトログリセリンに代表される硝酸剤、一酸化窒素供与剤が主な併用禁忌薬とされています。
これらは、狭心症、心筋梗塞などの心臓疾患や高血圧症の治療に使われる薬です。

硝酸剤や一酸化窒素供与剤がED治療薬と併用禁忌とされているのは、ED治療薬の効能との関係によります。
ED治療薬は、男性の勃起現象が起きるメカニズムに沿って開発されている医薬品です。

男性が勃起する時には、一酸化窒素が体内に発生します。
その一酸化窒素が誘因となり血管拡張物質が生成されて、陰茎の海綿体の中を通る動脈血管が拡張また大量の血液が流れ込んで起きるのが勃起現象です。
そして、勃起が終わる時には、体内酵素の一種が関わります。
この体内酵素がPDE5型酵素で、酵素が血管拡張物質を壊すことで勃起現象が終息する仕組みです。

ED治療薬の有効成分は、PDE5型酵素阻害薬といってこの酵素の働きをブロックする効能を持っています。
PDE5型酵素の働きを遮ることで血管拡張物質が壊されず、性器への血流も維持されるので勃起現象が続くのがED治療薬の効能です。
つまり、ED治療薬の効能は、血管の拡張と大きく関係しています。

狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患、高血圧症などの治療で用いられる硝酸剤や一酸化窒素供与剤も、血管拡張作用のある医薬品です。
そのため、硝酸剤や一酸化窒素供与剤をED治療薬と一緒に使うことで双方の薬の効能による血管拡張に由来して大幅な血圧の低下が起こることが考えられます。
大幅な血圧の低下は、生命にも危険を及ぼすものです。
こうした理由で、狭心症、心筋梗塞など心臓疾患、高血圧症の治療薬である硝酸剤や一酸化窒素供与剤はED治療薬の併用禁忌薬とされています。

ED治療を行うクリニックでは、既往歴や現在使用中の医薬品について必ず確認をしますが、これは併用禁忌薬の指導のためです。
安心してED治療を受けるためには、既往症や使っている薬について正しく申告して指導を受けることが一番重要と言えます。

ED治療薬を服用できない人もいます

ED治療薬が出現した当初、使用したことによる死亡例も報告されていますが、この多くは併用禁忌薬を使用したためと考えられています。
EDは男性にとってもパートナーにとっても深刻な問題であり、治療薬の開発は画期的なものでした。
その後、様々な研究がなされ安全性に対する細かな注意点なども判明してきています。

ED治療薬の必要性を感じている人の中にも、生命の安全を守るために使用できない人がいます。
そのほとんどは併用禁忌薬を使用している人になりますが、その他にも日本では血圧が170/100mmHg以上の人は使用を禁止しています。
ED治療薬については前述の通りですが、例えば高血圧で降圧剤を服用している人について考えてみます。

降圧剤を服用していても一般的な降圧剤はED治療薬と併用しても問題ありません。
降圧剤もED治療薬も血管を拡張するという共通点がありますが、降圧剤の中でもその作用機序を考えるとニトログリセリンは併用禁忌です。
大幅な血圧低下が生じて最悪の場合は意識不明や死亡にいたることもあるのです。

基本的に併用禁忌とされているのは硝酸剤や一酸化窒素供与剤と呼ばれる薬剤です。
ニトログリセリンや亜硝酸アルミニウム、硝酸イソソルビゾ等が代表的なもので、薬剤の形態としては内服薬、舌下錠、湿布、吸入薬、注射薬などがあります。
これらの薬剤は狭心症や心筋梗塞、高血圧症、心臓疾患などの治療に使用されるものです。

インターネットの発達により、通販感覚で個人輸入代行業者からED治療薬も簡単に入手できるようになりました。
また安価なことで利用者も増えてきているようです。
しかし、それらの中には粗悪なものもあるのは事実で、使用は全て自己責任となります。
健康に不安を抱えている人は特に専門医に相談し安全に使用することが肝要です。