カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品として誕生して、バイアグラより安価でED治療ができるということで多くの人に利用されています。ED治療薬には副作用がつきものという印象がありますが、きちんと調べることで避けることが可能な副作用もあります。せっかくカマグラを使うならしっかり調べて効果的に服用しませんか?

色々な錠剤
  • ホーム
  • 副作用が出ているということはカマグラ効いている

副作用が出ているということはカマグラ効いている

短い髪の女性

EDのように血行不良によって勃起に必要な陰茎内にある海綿体の毛細血管に血液が満足に流れないことで起きる現象があります。
そのような男性に対して血行を良くすることで勃起を促す作用があるのがED治療薬のカマグラです。
血行を良くするためには血管を拡張させる必要があるため、この血管を拡張させる作用が副作用を引き起こす原因になっています。
カマグラを服用したために起きる副作用で多いのは、血管が拡張されたために頭部の血圧が低下して引き起こす頭部の変調でしょう。

また頭部に存在していた血液が引力の関係で下がっていいます。
その際に顔を血管を通って下がっていくため、その現象から顔に血液が集中するので顔が赤くなることも有れば、顔が火照ったりする場合も有ります。
カマグラは外国で製造しているので、その用量については外国人向けになってるため、体格の小さい日本人では指定している用量が多すぎる場合も有ります。
その場合には一つの錠剤をピルカッターによって細かく分けて使用することも可能となっています。

ED治療薬というのは血管を拡張させて勃起を促すのですが、どのくらい血管が拡張されれば勃起不全が改善されるのか、それは人によって差があるので分かりません。
そのためにピルカッターで用量を調節するというのは、その人に有効な使用量を導きだすには最適な方法とも言えます。

人間には体質に差が生じているので、このように用量にしても調節して使用することになりますが、体質がカマグラに適合していなければその効果は出てきません。
そのため副作用が出るということは薬が体に適合して血管が拡張されたためであり、カマグラの効能が効いている証拠です。
副作用はできるなら発症したくないものですが、血行不良の体質を急激に変化させるのですから、副作用が出てしまうのは仕方ないことでもあるのです。
それにこの副作用は時間の経過と共に軽減していきますし、カマグラがちゃんと効いてくれたのですから、その効果を十分に活用してみて下さい。

カマグラの用量が多い場合はピルカッターで調節

カマグラは人気の高いED治療薬であり、多くの人がこの薬を利用しているということです。
個人輸入を利用すれば手軽に手に入れることができますし、値段も安いというメリットがあります。
この薬を服用する時には効果だけでなく副作用についてもきちんと知っておきましょう。

カマグラには勃起を促すという効果があります。
血管拡張作用とPDE5という酵素の働きを阻害する効果があるため、勃起しやすくなるという仕組みです。
ペニスが勃起する時にはcGMPという酵素が放出されますが、萎れる時にはPDE5が生成されてcGMPを壊すということです。
そのため勃起を促すためにはPDE5の働きを阻害する必要があります。

カマグラを飲んで副作用が発生してしまうのは勃起を促す作用に関係しています。
血管拡張を促進することにより、全身の血行が良くなるのでさまざまな症状が発生するという仕組みです。
主な症状としては顔が赤くなることや鼻詰まり、動悸、腹痛、吐き気などが挙げられます。
副作用が出ると気になってしまうかもしれませんが、カマグラの効果が弱まると副作用の症状も治まるのであまり心配しなくても良いでしょう。

副作用が出てきたら効果も出てきた合図だと考えることができます。
正しく服用すれば基本的に重篤な副作用のリスクなどはありません。
しかし、あまりに症状が重い場合は1錠をカットするなどして少量から試してみると良いでしょう。
カマグラは1錠100mgと50mgの2種類が販売されていますが、100?を購入した場合はピルカッターなどで調節してから飲むことがポイントです。

日本人の適切な用量は50mgとされており、初めて飲む人や高齢の人などは過剰摂取を控えた方が良いでしょう。
過剰摂取すると効果は高まりますが、副作用のリスクも高まってしまいます。
また、持病があって他の薬を飲んでいる場合はカマグラの服用に注意が必要です。