カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品として誕生して、バイアグラより安価でED治療ができるということで多くの人に利用されています。ED治療薬には副作用がつきものという印象がありますが、きちんと調べることで避けることが可能な副作用もあります。せっかくカマグラを使うならしっかり調べて効果的に服用しませんか?

色々な錠剤
  • ホーム
  • カマグラの副作用で多いのは頭痛

カマグラの副作用で多いのは頭痛

多様な薬

カマグラはバイアグラの主成分であるシルデナフィルを使っているジェネリック医薬品です。
その効果はバイアグラと同じ効能なので高い評価を得ているED治療薬で有り、その副作用もシルデナフィルを使用している他の薬と同じ症状が起きています。
EDになっている男性は血行不良を患っている場合が多く、血液の流れが悪くなっているため、勃起するのに必要な陰茎の海綿体の毛細血管に流れる血流量が不足していて勃起が不十分となっているのです。

シルデナフィルは血管を拡張させる作用を持っていて、強制的に血管を拡張することで勃起が出来る状態に誘導してくれるのですが、この血管拡張は陰茎の周辺部だけで起きているわけでは有りません。
カマグラを服用すると血管が拡張されますが、それは頭部の血管にも発症するため、引力で血液が下がっていくので頭部は貧血状態になってしまいます。

そのために副作用として発症するのは頭痛が多く、個人差が有るので軽症で済む場合もあります。
時には性行為に支障を来たすほどに強く発症する可能性も無いとは言えません。
ただ安心して欲しいのは、カマグラを服用して頭痛が起きても、症状の軽減を求めるために市販の頭痛薬を併用しても問題が無いということです。

ただし注意して欲しいのは、カマグラは空腹時に服用しなければ効果が出にくいという特性を持っていますが、市販の頭痛薬はその逆に空腹時には使用しないようになっている点です。
完全な空腹で頭痛薬を服用すると胃が荒れてしまうので、頭痛薬を併用したいのであれば少しだけ食べて下さい。

胃に内容物が有るとカマグラの効果が出るのが遅くなります。
カマグラの効果の持続時間は服用してから4~6時間有るので、少しであればカマグラが体内に吸収されていく時間は十分に有ります。
副作用は薬を服用すると避けては通れません。
しかしカマグラは副作用といってもED治療薬の中では軽度な方なので、時間と共に改善していくため自然治癒するのを待っていても大丈夫です。

カマグラの効果を最大限に引き出すなら空腹時に服用

バイアグラのジェネリック薬品であるカマグラですが、効果を最大限に引き出すための服用方法とタイミングがあります。
前記の部分で軽く触れましたが、一番の服用方法は空腹時に飲むということです。
カマグラの有効成分であるシルデナフィルは、PDE-5という酵素活性素の働きを阻害し血管の拡張を促します。

勃起のメカニズムとして血液が海綿体に集まりペニスが膨張するのですが、EDの場合は何らかの原因によりペニスに十分血液が集まらないことになります。
それをシルデナフィルの効果で血管を拡張させペニスに血液を集まりやすくするのですが、胃の粘膜から吸収される有効成分が胃に物がある状態だと吸収されにくくなります。
このため空腹時がベストということです。タイミングは性行為をする30分から1時間前に服用するといいでしょう。
吸収されてから効果が出るのにこのくらいの時間がかかるということです。

カマグラの副作用についてはそれほど心配は要りません。
しかしシルデナフィルの効果として血管を拡張しますので、軽い貧血や頭痛などを起こす場合があります。
その際は、効果がなくなると自然と治るので気にしなくても良いですが、万が一性行為を継続できなくなるくらい症状が出た場合は、軽く食べてから頭痛薬を併用しても問題ありません。
個人差はありますが副作用に関してはこのように対処ができるので、神経質になる必要はないでしょう。

カマグラは服用方法やタイミングを考えても服用しやすいED治療薬ですし、価格もリーズナブルです。
もし悩んでいるのなら、まずは試してみることをお勧めします。
1錠が50mgと100mgが販売されていますので、初めて飲む場合や高齢の方、体重が軽い方などは少量から飲んでみると良いでしょう。